スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.04.18 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

編集プロダクションというところ

 

に、昨日いやもう一昨日か、行ってきたわけですよ。

どんなところなのかと言いますと

編集プロダクション(へんしゅうプロダクション)は、出版社広告代理店などから書籍、雑誌等の編集実務を委託されるマスコミ関連企業。編プロと略称される。独立した小規模経営の企業が多いが、大手出版社などが制作部門を分社化する場合もある。
(ウィキペディアより)

ってな感じのところです。
具体的にどんなところかはわたしも良く分かってなかったんですけど。


イメージとしては

・社員として入社すると兎に角激務
・しかも薄給

ってなイメージしかありませんでした。
文芸学科の連中も就職の際に、この「編プロ」というところだけは敬して遠ざけていた人もかなりいたようです。

わたしの場合は就職ではなくて外注ライターとしての登録なんで、まあ関係ないんですが。


具体的に何かを決めてきたと言うよりはこちらの得意分野だとかどんなのが書けるとかそんな話をしてきて、まあ具体的には何にも決まっていないんですが、
とりあえず受注した仕事でわたしに書けそうなものがあったら回してくれるということ、あとなんか書きたいものとかあったら言ってね、ってところでした。

書きたいものね、あるんですけどどの程度世間様に需要があるのかは未知数なんですよね。
ちなみに剣道の話で。


あと零れ聞いた話なんですが、ライターと言っても実に様々で「これはひどい」と言いたくなってしまうようなのも少なくないようですね。

wiki丸写ししてきた奴とか、そもそも日本語の構成がおかしい奴とか。
ありえねえ。


編集やってる友人が
「ライターの数自体は多いけど、使えるライターは常に不足している」
的なことを言ってたんだけど、何となくそーゆーことなのか、と。


でも何か変な奴多いだろうな、ってのは大学の文芸学科を思い出したら想像つきます。
めさくさ。




退職

 

そんなわけで会社辞めて来ました。


営業部の人に「何か痩せた?」と聞かれ、そう言えば確かに最近会社に居る時間が短かったもんで無駄におやつとか食わずに済んでたな。

加えて、「何か健康になったんじゃない?」とか「若返った」だとか「肌ツヤが良くなった」とか言われ、それも全て会社を辞めるからだと言う結論に達して、言われてみればストレスなんかここんとこ全く感じてなかったし、退職は体に良いのか。

バリバリ働いてた頃は不細工だったんかいな。


昼間、仲の良い同僚たちとランチしていたら「何か最後って感じしないよね」「てゆーか今日ホントに最後なの?」「また来週普通に来てるんじゃないの?」なんて言われてしまって、
自分自身全然最後って感じしなかったんですけど、昼過ぎに退職メールを社内に打って、返事がたくさん返ってきたところで何だかじわじわと実感しました。


「飲もう!」なんつってメアド書いてくれた人も結構いて、嬉しかったなあ。

「コンパしよう」なんて奴もいたけど。
いやいいんですけど。
コンパ上等です。


何か変な会社だったもので変な人が結構居て(特にデザイナーズ)、仕事しながら腹筋崩壊するほど笑うなんてことも珍しくなくて、環境的にはとても楽しい職場だったと思います。

しかしながらいざ旅立ちの時。


そんなわけで今日から本格的にフリーの生活が始まります。


しかし解放感半端ねえな。



---------


ノーベル平和賞、中国で服役中の劉暁波氏に
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101008-OYT1T01158.htm

良い傾向だ。


---------


巨人はどうやら3位になってしまったようです。
おお、もう・・・






変な時間に寝たかと思えばこんな時間に目が覚めて

 

会社に行くのも今日が最後、しかしまったく未練とかありません。
ううむ、この1年ほどは特に良く働いた!!

今月はちょっとのんびりしたいです。

とは言えぼちぼち営業せねばならんのですがねー。


例の編集プロダクションには明日お伺いすることになりましたが、どうなることやら。


求人はぼちぼち見ていて、スクールの方からも「こんなんありまっせー」的なメールが来たりして、興味のある案件も結構あるんですが、とりあえずスクールの卒業制作を優先させたいかも知れません。


卒制の長文課題、wordでだいたい30ページほど。
これがなかなか。

現在持ってる案件がダイエットに関するものなので卒制もそれで行こうかと思って最初は企画書を書いたんだけど、ここへ来て方向転換することにしました。

30枚たっぷり使って多田野数人投手について書いてみようかと思います。

・・・と思って企画書書いたら筆が進む進む!!!


一応提出して、まだ先生からは何も言われてないけどこのまんまつるつる書き進めようと思っています。
仕事じゃないんだし、どーせなら自分の好きなこと思いっきり書きたいよな!!!



ところでこの「剣道部員の憂鬱」と言うブログタイトルについて、「やめい」だとか「いい加減発想を剣道から離せ」だとか言う声が友人知人から相次いでおります。

今更そんなこと言われても。



YOUはSHOCK

 

大学時代、↑の歌で剣道部の新歓用PVを作った先輩が居ましたが、天才っているもんだと思いました。


そんな訳で週末、土曜の朝一番でとんでもないニュースが入って来たんです。
日本ハムファイターズの多田野投手が、今季限りで退団、と。

わたしが彼を応援するようになってからかれこれ7年、波乱万丈には慣れっこだったのですがこれはまた軽く腰抜かしました。


正直、もうしばらくはファイターズにいるものだと思っていたのですが。
ともあれ、今回のことが多田野投手にとって良い方向に進むよう、祈るばかりです。

しかし日ハムは大丈夫なのか。


そんな衝撃を受けちょっと食欲を削がれてしまったまま、土曜は渋谷でギリシア料理食べて来ました!

会社の近くにあるちょっと怪しげな感じのお店で、最初に入ったのは昨年末なのですが、友人たちに話したら「是非行ってみたい!」と言うので。

別段、「特に美味しい」ってわけでもないんですけど(いや勿論それなりには美味しいですが)異国情緒と怪しさは満点。
特に怪しさは。

そしてお酒が、兎に角強い!

わたしはそんなにアルコール弱い方でもないんですけど、体調によっては一杯飲みきれなかったりします。


リアルに行ってみたいです、ギリシア。




うむむ

 

数日前に提出した原稿がリテークで返送されて参りました。
どうしたものか。

いや、書き直すしかないのですが。


ライターの求人を見てみると、やっぱり美容だとかダイエットだとかの分野が特に需要があるようで、そっちの分野に詳しい自分としてはありがたいことなんですが。

今取り組んでいるのは「ダイエットの常識をひっくり返す!」的な企画なんだけど、なまじ詳しいだけに世間一般ではどっからが常識でどっからが非常識とされているのかが分かりません。
まったく。



今日仕事中に知らない携帯から電話がかかって来て、掛け直してみたら何と、8月の半ばに履歴書と作品サンプルを送った編プロだったりしました。
返事が無かったものでてっきりダメだったんだと思っていたんだけど。

「あの、○○社の田中(仮名)と申しますが・・・」
「・・・(○○社の部分が聞き取れなかった)どちらの田中さんですか?」
「えーと、先日履歴書をお送り頂いた○○社ですが・・・」

思わず、

「えっ、履歴書送ったのだいぶ前でしたよね?」

とか言ってしまいましたってばよ。
いわく、入稿だなんだで超取り込んでいたそうですが、大丈夫なんかね。

小さな編プロなんてそんなもんかなー。


--------


中日が優勝してしまいました。
予想外だ。






PR

calendar.gif

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
profile.gif
KEIKO YAMAMOTO
◆1982.11.1生まれ
◆東京都出身
◆日本大学芸術学部音楽学科中退
◆現在、限りなくフリーターに近いフリーライター。目下の目標は「限りなくフリーターに近い」の枕詞を取ること。
剣道は三段で止まっています。どげんかせんといかん。

entries.gif

categories.gif

arghaives.gif

recent comment

  • ただしく怖がろう!
    カナ
  • ただしく怖がろう!
    めたぼ

png.gif

search.gif

これから健康食品

mobile.gif

qrcode